活動報告

2016/07/12 ■2017-18年度 青少年交換学生を募集のお知らせ
 守山ロータリークラブでは、2017−18年度 ロータリー青少年交換プログラムへの参加者を募集しています。
 守山市在住の15〜18歳までの学生を対象とした、1年間の留学プログラムです。
 8月11日に、地区の説明会がありますので、ご希望の方は、まずは当クラブまでご連絡ください。
 ご連絡をお待ちしています。

(学生交換委員会)
2016/07/03 ■野洲川冒険大会
 守山ロータリークラブ会員 野洲川実行委員長 立入 一道
2016年7月3日(日)、すみきった青空の下、74艇のイカダが野洲川を優雅に下ることが出来ました。
 この大会は、守山市の社会教育関係団体の事業で、「ボーイスカウト、ガールスカウト、守山モラロジー事務所、守山市子ども会連合会、守山市PTA連絡協議会、守山青年会議所」で組織をされ、それに加え有志が集い、実行委員会として今年の4月から7月までの間幾度と無く実行委員会を開催し企画運営にあたりました。
会員の皆様から頂いた企業協賛金で、で40艇のレンタルイカダを作成することが出来、参加者が増えています。
 参加者全員が安全に楽しんで頂くために、消防団の方々には陸上水上からの警護を、橋の上からは守山市PTA連絡協議会の方々に監視をして頂き、安全対策マニュアルは毎年改良に改良を重ね、安全面には充分配慮をしています。
 この大会は、速さを競うものではなく、イカダ本体にどれだけの思いを入れ作成したか、また、作成時の苦労話等を、出走前にアピールして頂きます、その内容でグランプリイカダやいくつかの賞を決めています。
 ゴール地点では、楽しんで頂けるよう模擬店等色々なイベントを企画しています。そこへ帰ってきた子ども達を観ていると、楽しさで一杯の顔や、大冒険を終えた勇敢な顔、不安ながらにもやり遂げた顔、子供たちは様々な顔をしています。その笑顔は、スタート地点よりも遥かに満足な顔をしています。
 子ども達の社会教育の場も「危険」というハードルを越えられず、数がだんだん少なくなってきています。地域において住民一人ひとりが社会教育活動に参画していくことが大切であり、それを継続していくことが、子ども達の豊かな環境を作り出す近道だと思います。
 実行委員長の任は後進に譲りますが、今後も引き続きこの大会に拘って行きたいと思います。
1~... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...~30

<前  | /36ページ |  次>